火薬学会HOME

平成30年度火薬学会秋季研究発表会

主催 一般社団法人 火薬学会
日時 平成30年11月15日(木)・16日(金)
会場 倉敷市芸文館 202、203会議室
〒710-0046 岡山県倉敷市中央1丁目18番1号
TEL:086-434-0400
講演時間 (予定)講演時間:12分,質疑討論:3分(合計15分)
研究発表会 (第1日)11月15日(木)時間未定
(第2日)11月16日(金)時間未定
懇親会 11月15日(木)時間未定
場所未定
登録費 参加費 1名につき
会員:講演会のみ7,000円,講演会及び懇親会10,000円
学生:講演会のみ2,000円,講演会及び懇親会3,000円
参加時に納入ください。
講演要旨集代 講演要旨のみの希望者には,送料含め一部2,000円(予定)でお頒けします。
残部僅少につき予めの申込み順で配布しますので,現金を同封して申込みください。
会場案内 倉敷市芸文館
〒710-0046 岡山県倉敷市中央1丁目18番1号(TEL:086-434-0400)
●JR倉敷駅から徒歩約20分
●JR倉敷駅から両備バス又は下電バスで約10分「中央二丁目倉敷芸文館」下車
エクスカーション 平成30年11月16日(金)13時発表会場集合,17時頃岡山駅解散予定
JFEスチール(株)西日本製鉄所
〒712-8511 倉敷市水島川崎通り1丁目(TEL:086-447-2102)
参加費:3,000円
定員:40名
申込締切:11月9日(金)
申込方法:お名前と御所属を記入の上,下記のメールアドレス宛申込みください。
申込先:jes18au※jes.or.jp(※を@に変えて送信してください)
オンラインで申込できるようになりました。
連絡先 火薬学会西部支部
〒813-8503 福岡県福岡市東区松香台2-3-1
九州産業大学 生命科学部生命科学科
TEL:092-673-5662 FAX:092-673-5095
e-mail:e-mail:jes18au※jes.or.jp(※を@に変えて送信してください)

プログラム

(第1日)11月15日(木) 9:40〜17:40

A会場 挨拶 火薬学会西部支部長 中村 英嗣

Session1. 燃焼・分解・反応 (A 会場 9:40 〜 10:40) 
座長:西井 茂樹

No.題目発表者(○印は講演者)
1硝酸アンモニウムの詳細反応モデルに与える計算レベルの影響○伊里友一朗(横国大) 三宅淳巳(横国大) 
2金属酸化物/ アルミニウム系混合物の燃焼特性( V )○石川智也(カヤク・ジャパン) 梶友祐(カヤク・ジャパン) 谷口弘幸(カヤク・ジャパン)
3ナノ酸化鉄のコンポジット火薬に対する効果○西脇洋佑(横国大) 松永孟祐(産総研) 熊崎美枝子(横国大)
4ニトログルコースの熱分解特性○杉浦拓真(福大工) 東英子(福大工) 松永浩貴(福大工) 加藤勝美(福大工)

Session2. エネルギー物質・爆薬,分析(B 会場 9:40 〜 10:40) 
座長:杉原 秀明

52- ヒドロキシエチルヒドラジニウム硝酸塩の調製と熱特性○塩田謙人(横国大) 伊里友一朗(横国大) 三宅淳巳(横国大)
6熱分析によるアゾール化合物の熱安定性○吉野悟(日大)
7 相安定化硝安の調製及びサイクル熱分析( W ) ○戸田愛介(防衛大) 西勇人(防衛大) 平田健志(防衛大) 三宅淳巳(横国大) 伊里友一朗(横国大) 西宏二(防衛大) 神谷奈津美(防衛大) 伊達新吾(防衛大)
8爆轟速度計測法の基礎的検討( 2)○村田健司( 日本工機)

Session3. 燃焼・分解・反応(A 会場 10:50 〜 11:35) 
座長:鴇田 淳哉

9水プラズマジェットによる希薄バイオガス燃料○中谷昌弘(北九州高専) 山本洋司(北九州高専)  橘武史(北九州高専/九工大)
10無機塩添加ウレタンアクリレート樹脂の解体性の評価○鳥越瑛裕(福大工) 東英子(福大工) 池田将啓(旭化成) 西田聖二(旭化成) 加藤勝美(福大工)
11配管を通じて放出される高圧水素火炎挙動○安藤俊希( 岐阜大) 朝原誠( 岐阜大) 佐分利禎( 産総研) 久保田士郎( 産総研) 宮坂武志( 岐阜大)

Session4. 発破(B 会場 10:50 〜 11:35) 
座長:外本 和幸

12装薬ホルダーの形状がRC 杭頭の水平破断携帯に及ぼす影響と評価方法の検討○藤近太士(熊本高専) 松家武樹(熊本高専) 竹内博幸(五洋建設) 入江博樹(熊本高専)
13動的破砕による杭頭処理工法における装薬条件の最適化○竹内博幸(五洋建設)
14発破現場における誘導電流測定とその対策 ○村田健司(日本工機)

Session5. プロペラント(A 会場 13:00 〜 14:00) 
座長:馬崎 運

15微粒多孔質AP を用いたコンポジット推進薬の燃焼特性○土屋範洋(防衛大) 甲賀誠(防衛大)
16微粒多孔質AP を添加したAN 系コンポジット推進薬の燃焼特性○土屋範洋(防衛大) 甲賀誠(防衛大)
17 アンモニウムジニトラミド系高エネルギーイオン液体の点火に関する研究 ○松永浩貴(福大工) 加藤勝美(福大工) 羽生宏人(宇宙研) 野田賢(福大工) 三宅淳巳(横国大)
18ポリプロピレンを添加したWAX 系ハイブリッドロケット用固体燃料の特性○木下凱人(日大理工) 松本有輝(日大理工) 高橋賢一(日大理工)

Session 6. 安全・環境(B 会場 13:00 〜 14:00) 
座長:山下 繁紀

19導爆線まわりに配置された砂山による爆風低減効果に関する研究○服部能幸(慶応大) 杉山勇太(産総研) 松尾亜紀子(慶応大)
20金属酸化物添加ニトロセルロースの熱安定性に及ぼす調製方法の影響○矢永怜(福大工) 東英子(福大工) 松永浩貴(福大工) 佐分利禎(産総研) 岡田謙(産総研) 熊谷恒佑(旭化成) 加藤勝美(福大工)
21 電気的酸化手法を用いたトリアゾール誘導体の熱挙動変化と置換基効果 ○森可奈絵(横国大) 跡部真人(横国大) 熊崎美枝子(横国大)
22パイプラインからの水素漏洩時における管内圧力場推測モデルの提案○永瀬優理(慶応大) 杉山勇太(産総研) 佐分利禎(産総研) 久保田士郎(産総研) 松尾亜紀子(慶応大)

Session7. 爆発・衝撃・加工(A 会場 14:10 〜 14:55) 
座長:富奥 祐二

23 水面と砂面の交わる汀線部付近における水中爆風衝撃波の挙動に関する数値解析○志村啓(慶応大) 岡田佳祐(IHI) 土井彰(IHI) 田中亙(IHI) 松尾亜紀子(慶応大)
24 py1dl-- 教育のための一次元ラグランジュ流体計算コード○吉田正典(爆発研) 千田哲明(爆発研)
25 圧縮気体噴出による乱流衝撃波流れの数値シミュレーション○ディン スァン チェン(爆発研) 吉田正典(爆発研)  今井芙布美(爆発研) 石倉修一(爆発研)

Session8. 安全・環境(B 会場 14:10 〜 14:55) 
座長:飯田 章英

26 Arduino を用いた飛翔物の簡易計測○新井裕之(科警研) 石井将人(科警研) 石渡貴(科警研) 安野拓也(科警研)
27 事故分析手法PFA を用いた火薬類の事故事例分析(XV)○和田有司(産総研) 牧野良次(産総研) 阿部祥子(産総研) 伊藤貴子(産総研) 鈴井真紀(産総研) 中島農夫男(産総研) 若倉正英(産総研)
28 事故分析手法PFA を用いた火薬類の事故事例分析(XVI)

○阿部祥子(産総研) 牧野良次(産総研) 伊藤貴子(産総研)  鈴井真紀(産総研) 中島農夫男(産総研) 若倉正英(産総研)  和田有司(産総研)

Session9. 煙火(A 会場 15:05 〜 15:50) 
座長:佐野 洋一

29炭素鋼火花の軌跡に沿った二色温度計側○渡辺大貴(九州大) 井上智博(九州大) 猪口雄三(九州大)
30煙火組成物の燃焼速度に及ぼす原料の影響(1)木炭○松井郁水(日本煙火協会) 畑中修二(日本煙火協会)
31煙火組成物の燃焼速度に及ぼす原料の影響(2)酸化剤○松井郁水(日本煙火協会) 畑中修二(日本煙火協会)

Session10.爆発・衝撃・加工(B 会場 15:05 〜 15:50) 
座長:加藤 勝美

32円柱形爆薬による爆風圧の角度依存性- 実験-○保前友高(富山高専) 杉山勇太(産総研) 松村知治(産総研) 若林邦彦(産総研)
33円柱形爆薬による爆風圧の角度依存性- 数値解析-○杉山勇太(産総研) 保前友高(富山高専) 松村知治(産総研) 若林邦彦(産総研)
34 Kinetec analysis of heterogeneus processes from thermal analysis experiments by TKS-SP software ○Andrei Rotaru(National Institute for Laser, Plasma and Radiation Physics) 三宅淳巳(横国大)

Session11. 特別講演(A 会場 16:00 〜 17:00) 
座長:橘 武

35黒色火薬の製造○谷口 弘幸(カヤク・ジャパン(株) 厚狭工場 研究本部長)

パネルディスカッション(A 会場 17:10 〜 17:40) 
座長:中村 英嗣

36 黒色火薬の原材料,製造および燃焼性 パネラー
畑中修二(日本煙火協会) 谷口弘幸(カヤク・ジャパン) 中村英嗣(火薬学会西部支部長)

○ 懇親会(18:20〜20:00)
場所:The 華紋(岡山県倉敷市中央8-33) TEL:086-421-7441

(第2日)11月16日(木)10:00〜10:45

Session12. 爆発・衝撃・加工(A 会場 10:00 〜 10:45) 
座長:美矢 裕史

37 金属円管内発生水中衝撃波の管厚の影響 ○大谷清伸(東北大) 小川敏広(東北大)
38 爆風圧模擬衝撃波管の最適高圧室長さに関する理論的および実験的研究 ○小板丈敏(埼玉工大) 小林晋(埼玉工大)
39 統合状態式を用いた衝撃起爆過程のモデリング○久保田士郎(産総研) 佐分利禎(産総研) 永山邦仁(九州大)

閉会式(表彰式)火薬学会 会長 三宅 淳巳  11:15 〜 11:45

→PDF版プログラム

© Copyright 1999-2018 Japan Explosives Society. All right reserved.