火薬学会HOME

2017年度火薬学会賞

奨励賞  松永 浩貴 君

「アンモニウムジニトラミドおよびそれを基剤としたイオン液体推進剤の熱特性解析」

 松永浩貴君は,ロケット燃料の新しい酸化剤として期待されるアンモニウムジニトラミド(ADN)に関する研究を継続実施している。その成果を以下の論文としてScience and Technology of Energetic Materials誌に発表している。
 「Analysis of evolved gases during the thermal decomposition of ammonium dinitramide under pressure」では,加圧下でのADN の熱分解挙動を明らかにした。
 ADN の加圧下での主反応は,硝酸アンモニウム(AN)と一酸化二窒素への分解反応であるが,同時に,新しい発熱反応が存在することを見出し,凝縮相にAN の量が増えるに従い,反応のメカニズムが変わることが考察されている。
 「Preparation and thermal decomposition behavior of ammonium dinitramide-based energetic ionic liquid propellant」では,ADN を含む,溶剤を使わないイオン性液体燃料の合成とその分解挙動について報告している。一般に,ロケット推進液体燃料としては毒性の高いヒドラジンが広く用いられている。本報では,ヒドラジンよりも揮発性が低いため高安全性であること,さらに化学平衡計算の結果からヒドラジンの性能を超える可能性があることが示唆されている。実用化に向けてさらなる研究が続けられている。
 松永君の一連のロケット燃料に関する研究成果は高く評価され,当学会に大きく貢献するものであり,火薬学会奨励賞に値するものである。

推薦論文

  1. Hiroki Matsunaga, Hiroto Habu, and Atsumi Miyake, Analysis of evolved gases during the thermal decomposition of ammonium dinitramide under pressure, Sci. Tech. Energetic Materials, Vol.78, No.3, pp75 ─80( 2017)
  2. Hiroki Matsunaga, Hiroto Habu, and Atsumi Miyake, Preparation and thermal decomposition behavior of ammonium dinitramide-based energetic ionic liquid propellant, Sci. Tech. Energetic Materials, Vol.78, No.3, pp65─74( 2017)

略歴

2010年3月 横浜国立大学工学部物質工学科 卒業
2012年3月 横浜国立大学大学院環境情報学府環境リスクマネジメント専攻 博士課程前期修了
2013年4月 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2015年3月 横浜国立大学大学院環境情報学府環境リスクマネジメント専攻 博士課程後期修了
2015年4月 福岡大学工学部化学システム工学科 助教
© Copyright 1999-2015 Japan Explosives Society. All right reserved.